キャバ嬢がバレる4つの瞬間

キャバ嬢がバレる瞬間がある
職業病はプライベートでも出てしまう
キャバ嬢の日常を想像してみましょう!

キャバ嬢であることを隠してキャバ嬢として働いている女性も多いようです。
現在、キャバ嬢として一度でも働いたことのある女性はかなり多くなってきていますが、
それでもキャバ嬢であることを隠しておきたい女性も多いようですね。
しかし、職業病という言葉もあるように、仕事以外のふとした瞬間にも仕事の仕草は出てしまうものです。
では、キャバ嬢であることがバレてしまう瞬間とはどのようなものなのでしょうか?

1.店員を呼ぶときに「お願いします」

shutterstock_245162464

普通、飲食店などで店員さんを呼ぶときに「すみません」と呼ぶ人が多いのではないでしょうか?
キャバクラで、キャバ嬢がボーイを呼ぶときには「お願いします」と言うので、
それが普通のレストランなどに行ったときにもクセで出てしまい、
「お願いします」を発してしまうというものです。
キャバクラに行き慣れている男性と一緒にいたりなんかしたら、
一発でキャバ嬢であることがバレるでしょう!

2.グラスの水滴を拭く

shutterstock_254832880

キャバクラでは、冷たい飲み物の入ったグラスに水滴がついてきたタイミングでキャバ嬢はそれを拭きます。
サービスの一環ですが、普通の飲み会や食事で、他人のグラスを拭いてあげる人はめったにいませんよね。
これをやると、キャバ嬢であることが疑われます。
キャバクラのことをまったく知らない人には、とても気を遣える人だなと思われるかも知れませんが、
キャバクラに何度か行ったことのある人には気づかれるかも知れません。

3.夜に連絡がつながらない

shutterstock_157563671

単純に、夜の21時~1時くらいはキャバクラの営業時間なので、
その時間にプライベートの連絡をされてもキャバ嬢はなかなか反応できません。
いつ連絡してもこの時間に連絡がつながらないようだと、
例えば彼氏なんかには「キャバクラやってんのかな?」と疑われてしまうかも知れませんね。
「バイトだよ!」と誤魔化せればいいのですが、
キャバクラに行ったことのある彼ならそのうち気づいてしまうかも知れません。

4.LINEのアカウントで名前を隠している

shutterstock_248813860

キャバ嬢は大量のお客さんとLINEを交換する機会があります。
そのため、LINEで本名を晒していると当然ながら本名バレしてしまうわけです。
それを回避するために、LINEの名前はイニシャルにしていたり、顔文字などで適当に誤魔化しているパターンが多いようです。
相当に鋭い人でないと気づかないかも知れませんが、
こういうところでもキャババレする可能性はなきにしもあらず、です。

 

いかがでしたか?キャバ嬢であることを隠している嬢にとっては絶対に避けたい4つの瞬間でした。
キャバ嬢がびくびくしている様子を想像してみても面白いかも知れませんね!

体入


キレイモ

おすすめ

体入

キレイモ

ピックアップ記事

  1. 韓国ファッションがかわいい♥츄 chuu korea officialさん(@chu…
  2. 伝説のカリスマキャバ嬢♡愛沢えみりさん愛沢えみりさん(@emiri0901)がシェア…
  3. 七瀬美月ちゃんプロデュースブランド「7sparklingroom」みなさん、7sparkling…
PAGE TOP