日焼け予防の新ジョーシキ!食べて対策☆紫外線予防に効果的な食べもの

食べて紫外線を予防する?
紫外線予防に効果のある食べもの
「○○○」を使ったおすすめ美容レシピ

そろそろ夏を迎えるこの時期、きちんと日焼け対策とっていますか?
実は、1年を通して一番紫外線が強いのが、この5月から7月。
油断してると将来のお肌が大変なことに・・・・!

きちんと日焼け止めを塗ることはもちろん大事だけど、
さらに食べもので紫外線予防することプラスの効果に!

食べて紫外線を予防ってどういうこと?

shutterstock_232995361
紫外線を浴びると、体を錆びつかせ老化の原因となる「活性酸素」が発生します。
これが、お肌のシミやシワを引き起こす悪の素なんです。。

そんな「活性酸素」を抑えるのにパワーを発揮する栄養素がビタミンです。
とくに「ビタミンA」「ビタミンC」「ビタミンE」は紫外線対策に効果的な栄養素。
3つ合わせて「ビタミンACE(エース)」なんて言われ方もします。

では、そんなビタミンACEをいっぺんに取れる、
紫外線対策に超有効な食べものとは・・・

紫外線に対抗できる食べものとは・・・

shutterstock_267812054
紫外線予防に効果的な食べものは「トマト」!

中程度の大きさのものを1日に2個食べるだけで、
1日のビタミンACEの理想摂取量の半分以上が補える優秀野菜です。
また、トマトに含まれるリコピンは肌の老化を抑え、美白にも効果があります。
紫外線対策をしっかりとるためには、1日2個以上のトマトを食べるといいですよ☆

「トマト」を使ったおすすめレシピ

shutterstock_52754812
材料を切って混ぜて冷蔵庫で冷やすだけの簡単サラダ「トマトとツナのバジルサラダ」をご紹介します。
トマトはビタミンACE、ツナはビタミンE、バジルはビタミンAが豊富。
玉ねぎはトマトとの相性も良く、美容と健康に良いので追加しましたがなくてもOKです。

■トマトとツナのバジルサラダ(2人分)
<材料>
・トマト(乱切り) 1個
・玉ねぎ(スライス) 4分の1個
・ツナ缶(オイルごと)1缶
・バジル(乾燥でも生でもどちらでも可) 適量
・オリーブオイル 適量
・塩・こしょう 適量

(1)それぞれカットした野菜とツナ缶をボールに入れて和えます。
(2)バジルと塩・こしょうを混ぜ、油が足りなければオリーブオイルを足してさらに和えます。
(3)冷蔵庫でしっかり冷やして出来上がり。

ぜひ、いまの季節にトマトをたくさんとって
しっかり紫外線対策しちゃいましょー♪

体入


キレイモ

おすすめ

体入

キレイモ

ピックアップ記事

  1. 「クロロフィル」とは普段、飲んでいる水に数滴たらすだけで、ダイエットや美容のサポートにな…
  2. 「ティントファンデ」とはぽのまるさん(@ponomaru_)がシェアした投稿 - 2…
  3. キャバ嬢は、美しくいるのも仕事のうち!キャバクラは非日常を演出する空間。人気キャストさんたち…
PAGE TOP