プリントのプリンス!エミリオ・プッチのブランドの秘密4選

Emilio-Pucci
プリントの王子と呼ばれたデザイナーがいます
彼の名はエミリオ・プッチ
ブランドの秘密を4つご紹介

さて、新年明けましたね。
うっかりしているとすぐ夏になってしまいます。
気が早いって?いやいや、ファッションは常に先取りしていくのがクールなんですよ。
先取り先取りで、今年の夏もばっちり輝いちゃいいましょう。
ところで、エミリオプッチというブランドを知っていますか?
今日は夏に向けてエミリオプッチの話をします。
ファッションを極めるにはファッションについてよく知ることです。ではいきましょう!

1.エミリオプッチはイタリアのブランドである

Emilio-Pucci

エミリオ・プッチ(Emilio Pucci, 1914年11月20日 – 1992年11月29日)は「プリントの王子 (Prince of Prints) 」の異名を持つイタリアナポリ出身の男性ファッションデザイナー、政治家。
また、彼が創始したファッションブランド。

エミリオプッチはイタリアのブランドです。
ところで、彼は実はデザイナーになる前に政治家だったんですよ。
政治家からデザイナーって…なんだか真逆の世界の住人になってしまったんですね。
しかも10年間もやってます。
ブランドを創始したのは30歳過ぎたときのことです。

2.スキーウェアからブランドがスタート

emilio-pucci_then-01

フィレンツェの侯爵家に生まれ、1934年から1935年にかけてスキーナショナルチームに所属、自身のデザインしたスキーウェアを着ていた。
1947年、高校時代のスキーウェアを雑誌「ハーパース・バザー」に掲載。これが予想外の人気を得る。
その後は同誌から女性用の冬服デザインを依頼され、ニューヨークで売り出され、スポーツウエアのデザイナーとして評判を高める。

相当に変わってます。スキーウェアからはじまったブランドなんて。
政治家やってたのが、なんとなく自分でデザインしたスキーウェアを雑誌に掲載して、
あれよあれよという間にトップブランドへ。
人生ってわからないものですよね。

3.プリントの王子

pucci_0801

1960年代にはマリリン・モンロー、エリザベス・テーラーによって上品なプリントが受け入れられ、
「プリントの王子(Prince of Prints)」の異名を持つ。

一度エミリオプッチのブティックを覗いてみてください。
まじでド派手というか想像したこともないような柄の服がたくさん並んでいます。笑
さすがはイタリアブランド!っていう感じです。

4.スイムウェアが充実

puccipucci

オフィシャルサイトのウェアのところを見てみてください。
まずトップに来ているのが「スイムウェア」です。
それほどエミリオプッチはスイムウェアをプッシュしているのです!
今年の夏、ド派手にビーチで目立ちたいなら、エミリオプッチ、ですよね。

いかがでしたか?あなたにも、プッチ!

体入


キレイモ

おすすめ

体入

キレイモ

ピックアップ記事

  1. COSRXの「ピンプルパッド」とはCOSRX official for everyo…
  2. 「クロロフィル」とは普段、飲んでいる水に数滴たらすだけで、ダイエットや美容のサポートにな…
  3. 「ティントファンデ」とはぽのまるさん(@ponomaru_)がシェアした投稿 - 2…
PAGE TOP