全女子必見!ランバンの歴史をサクッと4ステップでご紹介

新宿スワンⅡ×in LOVE vol.2
ランバンの歴史をご紹介
4つのステップで過去から現代へ
知識があるとファッションもさらに楽しいですよね!

ランバンといえば銀座にも路面店を構えている高級ブランドですよね。
ところで、ランバンの歴史と言われてあなたは少しでも説明できますか?
歴史とかどうでもいいし~とか言っちゃってるうちはあなたもまだまだイモ娘ですよ。
ファッションは知識があるともっと楽しめるのですから!

1.19世紀フランス発のブランド

shutterstock_114479500

「ランバン 」(LANVIN) は、フランス発のファッションブランド。
ジャンヌ・ランバン(1867年1月1日 – 1946年7月6日[2])によって1889年のフランス・パリで創業されたブランドで、
婦人・紳士向け既製服、香水、ならびにアクセサリーなどを展開。

ファッションといえばフランスです。ランバンも、例外なくフランスのブランドです。
19世紀に創業されたということで、現代服飾ブランドの中でもかなり歴史が古い部類に入るようですね。
歴史が長いということはそれだけランバンのファンがいるということです。
もし、ユニクロが100年後も存在していたとしたら、ランバンのような高級店になっているかも知れません(笑)

2.元は帽子店だった

shutterstock_270447212

1889年にパリのフォーブル・サントノーレ22番地にジャンヌ・ランバンが開業した帽子店を起源とする。
ジャンヌが娘のために作ったドレスが話題を呼び、ランバンは親子服、さらにレディースファッションのブランドへと成長した。
1920年代からメンズウェアの展開も開始されている。

ランバン=帽子?となる人も多いかも知れません。
先日紹介したエルメスも、元々は馬具のお店でした。ランバンの場合は、帽子ショップです。
やはり、大きなブランドも最初は小さくスタートしているパターンが多いですね。
今、下北沢などにある小さな帽子ショップも、100年後にランバンのようになっているかも知れません。

3.その後イブニングドレスなどを展開

shutterstock_142770499

イブニングですよイブニング。ヤバいですよね。パーティーですよ。foooo。
帽子ショップとして成功したあとはイブニングドレスなどを製作し、さらに支持を獲得していったようです。
ランバンといえばもっとも「エレガント」という言葉が似合うブランドだといっても過言ではないと思っているのですが、
そういったイメージはこのあたりの歴史からきているのでしょう。

4.1920年代になってようやくメンズラインも展開

shutterstock_265620959

1920年代からメンズウェアの展開も開始されている。

男はつらいですよね。いつも後回しですよ。原宿のH&Mも、地上3階地下1階立てで、メンズは地底に追いやられてますからね。
ランバンも、創業してから十数年後の1920年代になってようやくメンズラインも展開をはじめたようです。
まずは女性客を囲って、そこに男も呼ぶ。ビジネスの典型パターンですよね。

 

いかがでしたか?ランバンの知識を深めてからショッピングに繰り出すと、お買い物もさらに楽しくなりますよ!

体入


新宿スワンⅡ×in LOVE vol.2

キレイモ

おすすめ

体入

キレイモ

ピックアップ記事

  1. 昼職未経験のキャバ嬢が月商2億円の社長に育つまで キラキラ社長・愛沢えみりの起業術
    キャバ嬢一本で働いてきた愛沢えみりさんが、未経験のアパレル業界で起業し成功している秘訣とは…?!…
  2. 無料映画チケット
    LuLINEのスタイルブック2弾発刊を記念して先着200名様に新宿スワン2の映画ペアチケットを無…
  3. 塗るだけで唇のボリュームが80%もアップすると話題のLusciousLips(ラシャスリップス)…
PAGE TOP